3月29日行政書士受験生日記

昨日の民法の債権分野の復習と親族相続の部分を復習する時間に充てていました。
ペース配分は債権一回分やったら親族相続一回というペースといった感じで進めているところであります。
仕事もようやく落ち着いてきていて、そういう時期の場合はすかさず「勉強」に充当している状況です。

復習することイコール過去問の研究といったところでもあります。
本当は司法試験問題もやってみる必要が出てくるだろうけど先ずは過去問かなと思います。

まあイロイロな問題をやっていけばそれだけ解く力を身に付けることにもなるから本番もキチンと対処することが出来るようになると思っています。
でも、どんな問題が出ているのかというと過去問でわかるということだからやっぱり過去問は必要かなと思います。